デキる上司の身だしなみ

MENU

デキる上司の身だしなみとは...

昔はね。 普段はバカやっていて、だらしない上司でも仕事が出来れば尊敬もされたものです。
でも時代は変わりました。 むしろ仕事が出来ても普段の振る舞いに隙が有るとダメなんです。

 

なんですかね。 普段の立ち振る舞いに隙が有ると馬鹿にされちゃうんです。
揚げ足を取るな!と言いたくもなりますが、それが最近の部下なんです。

 

飲み会でも乱れすぎちゃダメです

昔は無礼講なんて言葉も有りましたが、飲み会の席でもハジけ過ぎてはダメなんです。
それでいて説教をするなんてのも論外です。
強すぎない言葉でさりげなく尊敬を集める必要が有ります。

 

ファッションも隙は見せないんです.

スーツやネクタイも決める必要が有ります。
ただ、ここは余りキメ過ぎても逆効果です。 部下にウケても周りの大人から浮きすぎるのも考え物です。 大事なの清潔感が有る事。 ここが大事なんです。

汚いオッサンだと台無しになるんです

普段の仕事を完璧にこなして、説教臭くもなく、服装もとんがり過ぎないで清潔感を重視したスタイル...
ここまでキメれば誰も文句を付けようが無いと思いますよね。

 

でも、全てを台無しにするのがニオイなんです。
加齢臭をまち散らしているようでは全てが台無しです。 説得力を無くします。
特に若い女性は、オッサンのニオイに敏感なんですよね。

 

逆に言うと、ここに気が付いてないオッサンが多いんです。
ここさえ、しっかり抑えて臭くない大人で有れば、かなりデキる上司だと周りも認めますよ。
話題の加齢臭サプリをうまく利用するのは、こんな大人なんです!

 

→ コストパフォーマンスで選ぶ! 加齢臭サプリのランキング