加齢臭 夏

MENU

やっぱり夏は汗をかく季節

夏の空


夏はダラダラと汗をかく季節です。特に猛暑ともなると汗も凄いです。

 

ただ、そうは言っても、やっぱり臭いは気になりますよね。

 

汗をかかないようだと熱中症の危険も

臭いを気にして汗止めスプレーや、脇にペタっと貼るシートなんかを使う人も多いと思います。

 

ただ、本来、汗は体温を下げるための大事な機能。汗が蒸発する時に熱を奪って体温を下げます。

 

無理に汗を止めると熱中症の危険も出てくるのです。

 

涼しいオフィスで汗を拭くなら大丈夫

暑い場所で汗をかくのは仕方ないとして、涼しいオフィスに来てから汗を拭き取るのはOKです。

 

それに汗をかく事そのものにも大きな役割が有ります。むしろ汗は積極的にかくべきです。

 

汗をしっかり出す事によるメリットとは

汗が出る時に血中のアンモニアなど不純物質も出ます。

 

普段、汗をかいていると、こういう不純物質は少なくて水分が98%の「良い汗」が出ます。

 

こういう「良い汗」は臭いもなく爽やかな汗なんです。

 

悪い汗が臭いの元

でも、汗を余りかかないと、体の中の不純物質が溜まって、たまの汗が濃くなるのです。

 

いわゆる「悪い汗」です。汗をしっかり出さないと、この「悪い汗」が出やすくなります。

 

夏の汗が「良い汗」となるのは?

暑い時にかく汗はサラサラの「良い汗」です。

 

だから、加齢臭の元となる脂の入ったドロドロの汗では無いのです。

 

夏はしっかり汗をかくべき

夏場はしっかり汗をかく事によって、汗を出す汗腺もしっかり働きます。

 

あまり汗をかかないと、この汗腺が怠けてしまって「良い汗」が出なくなるんです。

 

汗はかいたままでなく拭き取るのも大事

もちろん、かいた汗をそのままにすると雑菌が増殖して、いわゆる「汗クサイ」状態となります。

 

たがら、ちょっと休憩する時なんかに、汗は適度に拭き取ってくださいね。

 

夏の汗はむしろ積極的にかくべき

と言う事で、夏の汗は加齢臭には結びつきにくいので安心して頂けましたでしょうか。

 

太陽の下で汗をかくのは気持ち良いものです。

 

汗をかけばストレス発散にも

よく女性は涙を流して泣く事でストレス発散するなんて言いますよね。

 

汗をかく事も、男女を問わずにストレス発散になります。

 

ストレス発散と健康のためにも、思いっきり汗をかいてください!

 

他にも知っておくべき加齢臭ケア豆知識

スメハラなんて言葉もすっかり一般的になりましたよね。

 

気が付かない間に周りからヒンシュクなんて避けたいです。ほんと怖いです。

 

→ スメハラ30〜40代男性注意【知らない間に周りからヒンシュク】

 

シャツが黄色く変色してませんか

シャツの脇の部分が黄色く変色していると悲しいですよね。

 

でも、そんなに気にしなくて大丈夫なんです。なんかドキっとしますが意外と大丈夫。

 

→ 白いシャツのワキの下の所が黄色い理由とは?【理由を知れば安心】

 

ついつい袖なしのタンクトップを選びがちですが

袖がないタンクトップのシャツはYシャツの下にも着やすいです。なんか外から見えにくいですしね。

 

そしてタンクトップもやっぱり涼しい。でもYシャツの下に着るなら袖有りが良いのです。

 

→ 半袖と袖なしのどっちが体臭の対策に良い?【涼しいだけで選んじゃダメ?】

 

加齢臭サプリは頼りになります

体臭を抑えるならいろいろな方法が有ります。でも、加齢臭サプリで手軽に臭いケアするのも有りですよ。

 

加齢臭サプリを飲み比べると、結構違いが分かって面白いものですね。

 

→ コストパフォーマンスで選ぶ! 加齢臭サプリのランキング

→ 実際に加齢臭サプリを試した体験レポート