夏の汗 加齢臭

MENU

夏になって少しづつ暑くなる季節で

夏の空


桜が咲いて少し経つと、夏に向かって少しづつ暑くなってくる季節になると気になりますよね。
まだ、夕方から夜になると寒くなるのでスーツは冬用です。だから昼間、暖かいと汗をかいちゃったりします。

 

冬の間に汗をかいてない人は要注意

冬の時期も定期的に運動をして汗をかいている人は良いんです。でも、冬の間は運動もしないで、ついついインドアに過ごして来た人は汗をあまりかいてないと思います。

 

そういった人は汗をかく汗腺が休んでいて、暖かくなっても気持ちの良い汗をかけないかも知れません。何となくじとっとした汗をかくようなら要注意。もしかして臭いの強い汗となっているかも。

 

冬の間も汗をかいていると

汗が出る時に血中のアンモニアなど不純物質も、対外に排出できます。定期的に汗をかいていると、こういう不純物質は少なくて水分が多い「良い汗」が出ます。

 

でも、汗をかくのをサボっていると、身体のなかの不純物質が濃厚に汗に含まれちゃうんです。だから冬でも、たまには汗をしっかりかくのは意味が有るんです。

 

今からでも遅くは無いので

少しづつ暖かくなって来た季節からでも良いので、少しづつ汗をかく練習をしてみましょう。会社の帰りに一駅だけ手前に降りて、歩くだけでも良いんです。

 

週末に時間が取れるなら、少し長めに散歩をするのも良いですよ。出来れば軽いランニングが出来れば良いのですが、早歩きくらいに有るくだけで汗は出てきます。
夏に思いっきり汗をかけるように少しづつ練習です。

 

しっかり汗をかければ、加齢臭も軽くなります。
やっぱり、夏に「悪い汗」を出して体臭が強くなると加齢臭も強くなっちゃいますからね。

 

 

→ コストパフォーマンスで選ぶ! 加齢臭サプリのランキング

→ 「加齢臭ボディソープを使うなら知っておくべき3つの事とは?」 Topページに戻る