加齢臭 タバコ

MENU

タバコを吸うと加齢臭は強くなるの?

タバコを吸うと加齢臭が強くなったりするのでしょうか?

タバコを吸っている人はクサイ.... タバコ自体にも独特の臭いが有ります。
特にタバコを吸わない人にとっては不快な臭いでも有るようです。

 

でも、そのタバコの臭いと加齢臭はまったく別の臭いです。関係は有るのでしょうか?
実は関係が無さそういて大きな関係が有るのです。

 

タバコには「ニコチン」「タール」「一酸化炭素」が含まれています。
これらの化学物質は身体に有害なのは言うまでも無いと思います。
実は体に良くないこれらの中で「一酸化炭素」が加齢臭とも大きな関係が有ります。

 

喫煙でタバコを吸うと、身体の中に一酸化炭素が入ります。
この一酸化炭素が中性脂肪などの脂肪を酸化させる作用が有るのです。
そして、脂肪の酸化により「ノネナール」と言う化学物質が増加します。
これが加齢臭の原因となる化学物質なのです。

 

また、喫煙によりビタミンが破壊されます。ご存知の方も多いと思います。
このビタミンが体臭や加齢臭に効果的に作用するはずなのですが、喫煙でビタミンを失い体臭が悪化するのです。

 

健康のためにもタバコは控えめに。
実は加齢臭を悪化させないためにも、喫煙は控えめにする必要が有るんです。

 

私はタバコと加齢臭が関係するとは知りませんでした。
ただ、タバコを吸う上司の口臭には本当に迷惑していたのですが、やっぱタバコと体臭は関係が有ったのですね。

 

健康のためにも、加齢臭が気になる年齢の方は特にタバコは控えめに...ですね。
それが難しい人は自分で出来る加齢臭ケアを試すと良いですよ。
出来る範囲で良いので加齢臭をケアすれば、それだけで周りのオッサン達とは差別化になりますからね。

 

 

→ コストパフォーマンスで選ぶ! 加齢臭サプリのランキング

→ 「加齢臭ボディソープを使うなら知っておくべき3つの事とは?」 Topページに戻る