体臭 コーヒー

MENU

コーヒーを飲むだけで加齢臭は強くなる?

コーヒータイムでリラックスのはずが...

コーヒーを飲みすぎると体臭や加齢臭が強くなるって本当ですか?

1日オフィスで働くビジネスマンは1日に何度もコーヒーを飲みますよね。
このコーヒーで体臭が強くなるとしたら困ってしまいます。

 

でも、ちゃんと理由が有ります。コーヒーに含まれるカフェインが原因なんです。
加齢臭は皮脂が酸化して発生するのですが、カフェインがその酸化を促進するんです。

 

酸化した皮脂がノネナールという物質となり、悪くなったチーズのような独特の臭いとなります。
これが加齢臭なんです。でも慌てないでください.....

 

コーヒーで体臭や加齢臭が強くなると言っても、1日、一杯や二杯でなる訳じゃないです。
一日中、とぎれなく10杯以上も飲むような人が要注意なんです。

 

また、紅茶や緑茶にもカフェインが含まれるのですが、要注意なのはコーヒーです。
それはコーヒーに含まれる微量の油が原因なんです。
コーヒーの表面に浮かぶ油は香りの元でも有るんですが、この油が皮脂の酸化を促進するのです。

 

単にカフェインを採るより、この油が相乗効果となって、より効率的に酸化します。
だからコーヒーが要注意なんですよ。

 

コーヒーを飲むなら1日に飲む量を決めておきましょう。
紅茶や緑茶もバランス良く飲むようにすると、加齢臭や体臭が強くなるリスクを減らせます。

 

珈琲の飲みすぎは良くないんですね。
ただ、ちょっと仕事でひと段落がついてから、珈琲を飲みながらリラックスするのは極上の喜びですよねぇ。

 

とは言え、私はミルクと砂糖を必ず入れる方なので、余計なカロリーを採らない為にも控えめにします。 ついつい珈琲を飲んじゃう方なので、これからは緑茶も飲もうかな。

 

 

→ コストパフォーマンスで選ぶ! 加齢臭サプリのランキング

→ 「加齢臭ボディソープを使うなら知っておくべき3つの事とは?」 Topページに戻る