加齢臭 どんなニオイ

MENU

加齢臭を例えるとしたら...

加齢臭とは具体的にどのような臭いなのでしょうか?

加齢臭は最近になって聞くようになった言葉ですよね。
2001年4月に資生堂が発表した言葉なんです。 ですから、曖昧な言葉ではなく、科学的な裏づけも有るのです。

 

加齢臭のメカニズムはこうです。
年齢を重ねるにしたがって、体の表面に分泌される皮脂が増えてきます。
その皮脂に含まれる脂肪酸が分解されて、ノネナールと言う化学物質が出来ます。

 

このノネナールが加齢臭の元なんです。
独特の臭いがあるのですが、以下のように例えられます。

 

チーズのような脂っぽい臭い。
古本のような臭い。
ロウソクを消した時の臭い。

 

加齢臭は30歳を過ぎた頃から少しづつ発生するようになります。
ある程度の年齢を過ぎたら少し気にしたいですね。

 

私、オッサン管理人は35歳を過ぎたあたりから枕がクサくなった気がします。
他人が不快に思う臭いを人知れず発していたとするとゾッとしますよね。

 

ただ、しっかり加齢臭ケアすれば何て事は無い話だったりするので、身なりをキレイにするように心がけたいものです。 ちょっとした身だしなみが今の時代は求められますからね。

 

 

→ コストパフォーマンスで選ぶ! 加齢臭サプリのランキング

→ 「加齢臭ボディソープを使うなら知っておくべき3つの事とは?」 Topページに戻る