頼れる夫

MENU

加齢臭が気になる年代の夫として「頼りになる夫」で有りたいもの

夫婦でアルバムを見ちゃったりして

 

ある程度の年齢となる夫としては家族に頼りにされたいですよね。
まずは妻が不満と思っている事を理解する事から始めると話が早いですよ。

 

「そんな事を言う前に自分がしっかりしろ!」とか思う気持ちを抑えて、ここは広い気持ちで行きましょう。冷静になって話を聞くと、それはそれで一理あるんです。

 

子供をしっかり叱って欲しい

これは子供が赤ちゃんの時代にしっかり育児を手伝ったかにも関わるのですが、昔の事は置いときます... 今、しっかり子供を叱れているかがポイントなんです。

 

特に子供が小さいうちは叱るのも簡単です。場合によってはお尻を叩くなんてのも分かりやすいですしね。でも子供が大きくなってくると、道理を聞かせて、時には子供の目を見つめてしっかりと叱る事が大事になってくるんです。

 

若い部下を叱るのにも似ていて、とてもデリケートな問題です。
でも部下を思いやる気持ちより、我が子を思いやる気持ちの方が素直に表現できますよね。子供の為にもしっかりとイケない事を教えてあげる「頼りになる夫」となってください。

 

経済的な事はしっかりと夫婦で相談して欲しい

お金の事は現実問題として大きなウェイトを占めます。
教育費や車、マイホーム購入など大きなお金について夫婦でしっかりと相談しましょう。
良かれと思って決めた事でも、何の説明もないと妻は不満を持ち、夫を頼りなく感じちゃいます。

 

そして、家電の買い替えなど小さな事でも妻に相談してください。
そういう部分から妻のお金に関する考え方も見えて来ます。夫婦で納得してから、最終的な決断をする事を普段から練習する事にもなりますよ。

 

お金について話し合うのは、収入が無限では無い事を認識する良い機会にもなります。
夫の収入に不満を持つ妻は多いのですが、実はお金の出入りを把握できてないだけの場合も有ります。上を言ってはキリが有りませんが、限られた収入の中でやっていく事を、夫婦で共有する事が大事なんです。

 

妻の悩みや愚痴を真剣に聞いて欲しい

普段から妻の悩みや愚痴を真剣に聞いてくれる夫は頼りになります。
ここでの注意点は悩みや愚痴に対して、本当にアドバイスが必要か見極める必要が有る点です。

 

本人にとって真剣な話でも、はたから見ると単純な話に見えたりするは良くある事。
それをバッサリと切り捨てるように答えだけ聞かせても、妻は不満に思うだけです。
実はアドバイスを求めているのではなく、話を聞いて欲しいだけの事が良く有ります。

 

一方で、解決策が見えずにアドバイスを欲しがっている事も有ります。
この場合も複数の選択肢を上げて一緒に解決策を考える事が大事です。
夫はついつい上から目線で指示を出したりしちゃいます。そこを抑えて一緒に考えてみてください。きっと妻は「頼りになる夫」と思ってくれますよ。

 

 

 

いかがでしたでしょうか。
頼りになる夫は決して上から目線でリーダーシップを取るだけでは無いんです。
妻にとっては話し合える夫こそ「頼りになる夫」なんです。

 

「頼りになる夫」は普段の妻にたいする声かけから実践して頂くとして、男性の身体から湧き出る加齢臭はしっかりとサプリでケアしてくださいね。

 

→ コストパフォーマンスで選ぶ! 加齢臭サプリのランキング